ST Kinetics(CIS)SAR-80

Armalite AR-15アサルトライフルは、1960年代後半にすでにシンガポール軍に流通していましたが、必要な量と希望するコストで調達することは、これらのライフルを米国国務省の承認を得てColtから直接出荷しなければならないため、挑戦的なものでした。 その結果、シンガポール政府はコルトと(米国国務省の承認を得て)”M16S1″としてライセンスの下で由緒あるM16サービスライフルを現地生産する契約を締結した。 しかし、地元で生産されたライフルの外国輸出販売の制限には依然として問題があり、シンガポール政府は軍にふさわしい社内アサルトライフルを設計、開発、採用するための先住民族の努力に資金を供給するよう促した。 新しい武器は、アメリカの武器の使用と生産を通じて得られた経験に基づいて構築され、はるかに低い地元のコストで利用できるようになります-もはやシンガポール軍は、その重要な戦争作りの商品のために外国のサプライヤーに依存する必要はありません。
1970年代後半、Chartered Industries of Singapore(CIS)は、新しい自動サービスライフルを設計するためにBritish concern Sterling Armaments Ltdと提携した際に、彼らの努力においていくつかの外国の援助を受けた。 この設計は基本的にアメリカのAR-18の修正された形となり、これまでのアメリカ発祥の小型武器を利用したシンガポールの最近の歴史とよく遊んだ。 1978年には試作機が発表され、その後試験が行われた。 1980年に量産が開始され、1984年にはシンガポール軍によって正式に”Sar-80″(”Singapore Assault Rifle80″)の名称で開発が採用された。 SAR-80は老朽化したM16S1シリーズを置き換えることを意図していたが、運用評価は良好ではなかったため、M16S1は近い将来に向けて標準的なシンガポール陸軍アサルトライフルとして残され、シンガポール陸軍はより高価ではあるが実績のあるM16派生物を優先していた。 これは、SAR-80が推奨されていないと言うことではありません-それは確かにそれに必要とされる大量に生産するために安価であり、その内部機能は元のコルト製品のものと同じくらい堅牢であった。 全自動火災時の制御は、主にインラインの内部構造のおかげで注目に値するものであり、保守は比較的容易であり、オペレータは内部機能にアクセスするために下の受信機を単純にヒンジで開ける必要があった。 それにもかかわらず、SAR-80は限られた数でしか生きておらず、現地生産はおそらく20,000台以下であった。 他のいくつかの製造されたバッチは、クロアチア、スロベニア、ソマリア、スリランカの顧客に海外市場で販売されたことが知られていたが、銃器の歴史の中で大きな足跡を得たことはなかった。 これは空挺部隊やよりコンパクトなアサルトライフルの設備を必要とする他の戦場要素へのセールスポイントとして意図されていたが、このイニシアチブでさえほとんど悪評に落ちなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。