SepraMesh IP Composite Complications

あなたのSepraMesh IP Compositeヘルニアメッシュは失敗しましたか?

マクガートランド法は現在、ヘルニアメッシュインプラントに関連する健康上の問題を経験した患者に代わって可能な訴訟を調査しています。 あなたやあなたが愛する人がインプラントのために手術を必要とした場合、医療費、失われた賃金、痛みや苦しみなどの損害賠償を求める資格があ

McGartland Lawの経験豊富なチームが、あなたの法的選択肢を探索するのに役立ちます。 私達の会社は費用および義務の最初の相談を提供しない。 あなたの場合の細部を論議するために任命を予定するために私達に今日連絡して下さい。

サージカルメッシュは、身体の様々な部位の軟部組織の構造をサポートするために長年使用されてきました。 SepraMesh IPの合成のヘルニアの網は吸収性のヒドロゲルの安全コーティングが付いている軽量の網である。 メッシュは、組織の弱体化した領域の上に配置され、所定の位置に縫合される。 およそ30日後に、ヒドロゲルのコーティングはボディによって吸収され、必要であるところに残り、柔らかいティッシュにサポートを提供するように網が

SepraMesh IP複合ヘルニアメッシュの用途

SepraMeshヘルニアメッシュは、内側と外側の鼠径部、腹壁に沿って、胃と横隔膜に沿って、臍領域または腹ボタンの近く これらは、ヘルニアが形成されることが知られている一般的な領域であり、外科的処置の後、または軟部組織が弱くなるか分離し始める傷害のために

複合メッシュの柔軟性により、組織が引き裂かれたり引っ張られたりすることなく、適用される組織と一緒に移動することができます。 メッシュのセールスポイントの一つは、溶解性コーティングにより、メッシュが元の位置から滑りたり移動したりすることなく組織に付着することがで これは必ずしも結果ではなく、合併症が現れ始めました。

SepraMesh IP Composite Complications

sepramesh IP Composite Helenia MeshのメーカーであるC.R.Bardに対して、メッシュが使用されている直接の結果である特定の合併症のために、何人かの人々が苦情を提出しています。 レコード上の最も一般的な苦情のいくつかは次のとおりです:

  • 細菌感染
  • 腸閉塞
  • 再発ヘルニア
  • 腫れ
  • 便秘
  • 癒着
  • 重度の腹痛

これらの状態が引き起こされる可能性がありますそれが植え込まれたら網の移動によってまたは一定期間にわたって破壊する網。 それはまたヒドロゲルのコーティングがきちんと分解しない結果である場合もあります。

問題を修正するには、メッシュを除去し、軟組織を別の方法で支持する必要があります。 これは伝染および他の可能な複雑化の付加的な外科的処置そしてより高い危険で起因できます。

医師がsepramesh IP複合ヘルニアメッシュを使用してヘルニアを治療し、上記の症状のいずれかを経験している場合は、すぐに医師の診察を受けることが 待っていることは、あなたの不快感に追加することができ、瘢痕組織や癒着の形成をもたらすことができます。 SepraMesh製品が怪我を引き起こしたか、既存の状態を刺激したと判断された場合は、人身傷害請求を提出し、怪我の補償を受けることができるかもしれません。 どのような種類の補償を受けることができるかについて質問がある場合は、弁護士に電話して話してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。