MMの目的のためにSAP S/4HANAでビジネスパートナを設定する方法

ビジネスパートナは、SAPシステムの重要な構造です。 このブログ記事では、材料管理(MM)の目的でビジネスパートナーを設定する手順について説明します。

番号範囲の定義と割り当て

取引先番号範囲を定義するには、メニューパスCross-Application Components>SAP取引先>取引先>基本設定>番号範囲の定義に従います。 以下は、取引先番号範囲間隔MMの定義を示しています。

間隔の更新:取引先

取引先番号範囲を割り当てるには、メニューパスクロスアプリケーションコンポーネント>SAP取引先>取引先>基本設定>グループの定義

以下に示すように、番号範囲MMは取引先グループHVPVに割り当てられています。

ビューの変更"BPグループ化"

仕入先勘定グループごとに取引先グループを作成することをお勧めします。 構成とビジネスプロセスを簡素化するには、FI仕入先勘定グループとビジネスパートナの間で同じ識別子を使用する方がさらに優れた方法です。

ビジネスパートナロールカテゴリの定義

この手順では、標準利用可能なビジネスパートナカテゴリFLVN01からコピーして、高価値購買の仕入先に新しいビジネスパートナロールカテゴリを設定します。 ビジネスパートナロールカテゴリは、組織、グループ、または個人に対してさまざまなビジネスパートナロールが作成される最高レベルのビジネスパートナです。

ビジネスパートナロールカテゴリを定義するには、メニューパスCross-Application Components>SAPビジネスパートナ>ビジネスパートナ>基本設定>BPロールの定義に従います。

次の図は、購買プロセスで使用される標準取引先ロールカテゴリFLVN01を含む、使用可能な取引先ロールカテゴリのリストを示しています。

ビューの変更"BPロールカテゴリ"

ロールCatでFLVN01を選択します。 列をクリックしてコピーします。、および新しいBPロールCatを作成します。 ZHVPRCとして、ここに示すように:

ビュー"BPロールカテゴリ"の変更:詳細

新しいビジネスパートナロールカテゴリZHVPRCのタイトルフィールドと説明フィールドを更新します。 Diffです。 タイプ項目(差別化タイプ)は、管理項目、つまり、この特定の取引先ロールカテゴリの新しい取引先の登録時に使用できるデータまたは画面のタイプを制 タイプ0は、取引先の一般データの更新を有効にします。 タイプ2では、取引先の購買関連のフィールド、タブ、画面が表示され、タイプ3では取引先が顧客である販売エリアデータの保守が可能になります。 また、関連するチェックボックスをオンにすることで、特定の取引先ロールカテゴリに対して許可される3つの取引先カテゴリ、つまり組織、個人、ま

この例では、購買機能の新しいビジネスパートナロールカテゴリを作成するために、差別化タイプ2を選択すると、以下の画面が表示されます。

ビュー"BPロールカテゴリ"の変更:概要

新しく構成されたビジネスパートナロールカテゴリZHVPRCが表示されます。 それを選択し、画面の左側にあるBPロールをクリックします。

次の図に示すように、新規エントリをクリックし、前のステップで作成したばかりのBPロールカテゴリZHVPRCを割り当てて、新しいBPロールZHVP01を作成します。 Std割り当てBP Role->BP Role Catを確認してください。 この特定の取引先ロールZHVP01が取引先ロールカテゴリZHVPRCに割り当てられるように、チェックボックスが選択されています。

ビュー"BPロール"の変更: 詳細

複数の取引先ロールを取引先ロールカテゴリに割り当てることができることに注意することが重要です(つまり、取引先ロールカテゴリには複数の取引先ロールを割り当てることができることに注意してください)。

画面の下半分に標準BPビュー FLVN01を割り当て、新しく構成された取引先ロールカテゴリの新しい取引先を作成する際に標準画面とレイアウトを使用で

インターフェイス制御セクションで、定義済みの顧客/ベンダー統合(CVI)ビューのいずれかを選択する必要があります。 ビューが割り当てられていない場合、取引先ビュー000000(一般BP)の設定がダイアログボックスで使用され、取引取引先から顧客/仕入先固有のフィールドにアク

最後に、画面の左側にあるBPロールカテゴリ->ビジネストランザクションを選択すると、以下のポップアップが表示されます。 BPロールカテゴリ”ZHVPRC”を入力し、”続行”をクリックします。

作業領域の決定

次の図は、取引先トランザクションを取引先ロールカテゴリに許可または禁止する制御機能を示しています。 エントリを保存します。

ビューの変更"BPロールカテゴリ--/divp/ph2field取引先ロールカテゴリの属性/h2p必須またはオプション、表示のみ、または非表示の項目を選択することで、項目とその動作を制御できます。 前の手順で構成したビジネスパートナロールカテゴリのフィールド属性を制御するには、メニューパスstrongCross-Application Components/strong strongSAP Business Partner/strong strongField Groupings/STRONG strongConfigure BPロールごとのフィールド属性/Strong Strongconfigure各ロール/pp/ppAs以下に示すように、strongBPロール/strongzhvp01を選択し、strongField Grouping/strongをクリックします。/pp/pdivimg src=

次の図では、左側に多数のデータセットが表示されます。 関連するセットをクリックすると、フィールドの属性を制御できるフィールドグループ(フィールドGrp)が表示されます。 この設定画面では、特定のフィールドを必須にすることができます(Req. エントリ)、オプション(Opt。 入力)、表示のみ(表示)、または非表示(非表示)。 この構成は、仕入先マスタレコードの作成時に入力される取引先ロールに固有のものです。

ビュー"フィールドグループBPロール"を変更します"

結論

このブログ記事では、MMに関連するビジネスパートナの設定について説明しました。SAP S/4HANAロジスティクス機能を使用して資材管理を操作する際に、この情報をどのように活用しますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。