BitLaw

1212独自性または二次的な意味を獲得しました

15 米1052()

このセクションの(a)、(b)、(c)、(d)、(e)(3)、および(e)(5)で明示的に除外されている場合を除き、ここでは、商業における申請者の商品の特徴となっている申請者が使用するマークの登録を妨げるものはありません。 ディレクターは、マークが独特になっていることをプリマfacie証拠として受け入れることができます,上または商業で申請者の商品に関連して使用されるよ このセクションの何も、申請者の商品に使用された場合、または申請者の商品に関連して使用された場合、主に地理的に一見して誤解され、北米自由貿易協定実施法の制定日以前に商業上の申請者の商品に特有のものとなったマークの登録を妨げるものではありません。

提案された商標またはサービスマークが本質的に特徴的でない場合、それは取得された独自性、または”二次的な意味”、すなわち、商業における出願人の財またはサービスに適用されるように特徴的になったことを証明する場合にのみ、元本登録簿に登録することができる。 出願人が、審査弁護士の満足のために、問題の問題が指定された商品またはサービスに関連してマークとしての独自性を獲得したことを確立した場合、マーC.§1052(f).

商標法の文脈では、§2(f)は次のように記述することができます:

n商標登録が拒否される理由を定義する15U.S.C.§1052の最初の五つのセクションと同様に、セクション2(f)は、他のセクションのいずれか、セクション2(e)の規定に基づく拒絶の例外として機能する(引用は省略される)。 セクション2(f)マークの登録を許可します,セクションの光の中で登録のための予選ではないにもかかわらず、2(e),それにもかかわらず、”商業における申請者の商品の特徴的になっています.”したがって、”セクション2(f)は、登録を拒否することができる規定ではありません,”… しかし、申請者は、彼がそうでなければ拒否されるだろう連邦商標登録を受ける権利があることを証明する機会を持っている下の規定です。

ヤマハ国際株式会社v.星野楽器株式会社、840F.2d1572、1580、6Uspq2D1001、1007(Fed. Cir 1988年、株式会社re Capital Formation Counselors,Inc. ら、2 1 9USPQ9 1 6,9 1 7n.

二次的な意味の目的と意義は、次のように記述することができます:

説明的な用語。.. 消費する公衆に単語がプロダクトがその特定の製造業者によって作り出されることを意味するようになったように、彼のプロダクトを参照して 1Nims,不正競争と商標で§37(1947). これは二次的な意味として知られているものです。

二次的な意味の教義の核心は、マークが商品だけでなく、それらの商品の源を識別するために来るということです。 二次的な意味を確立するためには、消費者の心の中での用語の主な意義は、製品ではなく生産者であることを示さなければならない(引用は省略)。 これは、消費者が個人の身元や製造元の実際の名前を知らずに商品を購入することが多いため、匿名の生産者である可能性があります。

V.Thomas J.Lipton,Inc.、341 129,133,173USPQ820,823(S.D.N.Y.1972).

商標またはサービスマークの§2(f)の下で取得された識別性を確立するために、三つの基本的なタイプの証拠を使用することができます:

  • (1) 事前登録:保留中のアプリケーションで識別されたものと十分に類似している商品またはサービスのための同じマークの主要なレジスタ上の一つ以上の));
  • (2) 五年の使用: 識別性の主張がなされた日の前の五年間、商業におけるマークの出願人の実質的に排他的かつ継続的な使用の理由により、マークが出願人の商品または役r.§2.41(a)(3);tmep§1212.06–1212.06(e)(iv)を参照のこと。

これらの基本的な種類の証拠は、(1)集団商標、集団サービスマーク、集団会員マーク(以下”集団マーク”といいます)、および認証マークと同様に適用されますが、(2)これらの種類のマークが申請者以外の人によって使用されていることにより、必要な証拠の種類については若干の変更があります。 37C.F.R.§2.41(b)-(d)を参照してください。

  • (1) 事前登録: 同じマークの主要登録簿上の一つ以上のアクティブな事前登録の所有権の主張:保留中のアプリケーションで識別されたものと十分に類似している財 TMEP§1212.04–1212.04(e));集団会員マークのために、保留中のアプリケーションで識別されたものと十分に類似している集団会員組織の商品、サービス、または性質(37C.F.R.§2.41(c)(1);cf. TMEP§1212.04-1212.04(E)); および保留中のアプリケーションで認定された商品またはサービスに十分に類似している商品またはサービス,認証マークのために(37C.F.R.§2.41(d)(1));cf. 1212.04-1212.04());
  • (2) 5年間の使用:マークが特徴的になっていることを確認した声明:メンバーの商品やサービスの理由によって、メンバーの商業におけるマークの実質的に排他的かつ継続的な使用のために、識別性の主張が行われた日の前に,集団商標または集団サービスマークのために(37C.F.R.§2.41(b)(2);TMEP§1212.37C.F.R.§2.41(c)(2);TMEP§1212.05(d));または認定された商品またはサービス,承認されたユーザーの商業におけるマークの実質的に排他的かつ継続的な使用の理由によ認証マーク(37c.f.R.§2.41(d)(2);TMEP§1212.05(d));および
  • (3)その他の証拠:取得された独自性のその他の適切な証拠(37C.F.R.§2.41(b)(3),(c)(3),(d)(3);cf. TMEP§1212.06–1212.06(e)(iv))。

申請者は、以下でより詳細に議論されるこれらの種類の証拠の1つまたは任意の組み合わせを提出することができる。 マークの性質とレコード内の事実に応じて,審査弁護士は、事前登録の所有権の主張と判断することができます(s)または商業における五年の実質的に排他的かつ継続的な使用の主張は、取得した独自性のプリマfacieケースを確立するには不十分です. その場合、申請者は、取得された独自性の追加の他の証拠を提出することができます。

商標およびサービスマークに関して、本項および以下で説明する取得された独自性の証拠に関する法的原則は、一般に集団マークおよび認証マークにも適

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。