肩の関節固定術

-参照:腕神経叢損傷

-適応症:
-肩麻痺:
-麻痺性脱臼または回旋腱板/三角筋麻痺(この場合、肩関節置換術は禁忌である);
-肩の融合のための要件として、前腕の筋肉の筋肉が麻痺することがある。
-融合後の肩胸骨の動きを制御するためには、後の筋肉が強くなければならない;
-変性または関節リウマチ;

-機能的な位置:
-融合は、患者が顔だけでなく、背中のポケットに到達できるようにする必要があります;
-僧帽筋およびserratusの前機能が許容される場合、位置:
-外転:
-推奨位置は15度から45度の範囲であった;
-肩の融合のための歴史的に推奨されている位置は30-45度の範囲であった;
-45度を超える外転は、肩甲骨の痛みや翼と関連している可能性があります;
-serratus anteriorが麻痺している場合、肩は30度以下の外転で融合する必要があります。
-そうでなければ、腕の重量が肩甲骨の側方部分を押し下げ、僧帽筋を過度に伸ばし、弱めることがあります。
-屈曲:10-30度未満;
-内回転:20-45度;
-患者が反対側に到達することができます-側方の必要性、ベルト、および口;
-回転のdegは、四肢機能を決定する最も重要な要因であり得る;
-参考文献:
-肩の融合の機能解析。
-成人における肩の関節固定における腕の位置の再評価。 -技術的な考慮事項:
-切開:肩甲骨から始まり、肩峰の前方側面を横切って進み、上腕軸の近位部の前方側面を下る。
-三角筋は肩峰の前方側面から切り離され、繊維は遠位に分割される。
-回旋腱板を切除し、関節腱板および上腕頭の関節表面を除去し、肩峰の下面を装飾する。;
-関節内融合(glenohumeral)と関節外融合(acromio-humeral)融合の両方を試みる;
-glenohumeral接触が上腕頭の優れた配置で不十分な場合、肩峰の部分的な骨切り術を肩甲骨との接合部で行肩峰、および近位上腕骨に対する;-op評価後:
-肩甲骨の動きは、関節の動きの欠如を補う;
-肩関節固定後の合併症の単一の最も重要な原因は、位置異常、あまりにも多くの屈曲またはあまりにも多くの外転であり、肩甲骨の痛みをもたらす。
-小児における関節固定:
-indicatioins:
-肩甲骨の肩を安定させるために、肩甲骨筋の麻痺または亜脱臼または脱臼(ポリオで起こる可能性がある)を伴う小児;
-手順の前提条件:
-機能的な結果は、肩甲骨の筋肉の麻痺または亜脱臼または脱臼を伴う小児;
-機能的な結果は、肩甲骨を安定させるために関連する。遠位腕&手の神経学的状態、&したがって、前腕&手の正常な機能が前提条件である;
-強い僧帽筋&serratus前筋は、肩甲骨運動の増加を可能にするために必要とされる;
-最適な年齢は議論の余地がある;
-最終的な位置を予測することは困難であるため、骨格成熟まで肩関節固定を遅らせる;
-偽関節症:20%で発生する可能性がある;
-小児上腕頭の軟骨の量のために、小児では固体融合を達成することは技術的に困難である;
-小児上腕頭の軟骨の量のために、小児では固体融合を達成することは技術的に困難である。
-骨格的に未熟な患者の近位上腕骨成長板を維持するために注意する必要があります。
-関節固定の最適な位置:
-外転:15度(ただし、歴史的に推奨されているように45度);
-過度の外転は避けるべきである;
-幼児の最初の12ヶ月間に10-20度の外転が失われる可能性がある;
-屈曲:25度;
-内回転:25度
肩の融合の機能分析。

手術および長期的な機能的結果。

幼児の殻竿の肩のための早期関節固定。

肩の単純化された圧縮関節固定。

骨盤再建プレートを用いた肩関節固定術。 十一例の報告。

小児における肩の関節固定

肩関節固定の合併症の治療。
肩関節固定の簡単な方法。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。