第二の結婚のための婚約指輪を選択する方法

婚約を取得することは、カップルのた 右の婚約指輪を見つけることは、他の一方で、時には第二の結婚のためのリングを選ぶ場合は特に、困難なプロセスになることができます。 あなたの第2結婚のための右の婚約指輪を選ぶことを保障するために心に留めておくべきあるリングエチケットがある。

二度目の結婚にはどのような婚約指輪を選ぶべきですか?

すべての関係は一意です。 したがって、リングもそうでなければなりません。 婚約指輪は、多くの場合、一緒に新しい生活の象徴であるので、あなたの第二のリングのための別の形状と設定を選択すると、あなたの結婚は、新たなスタートを持っていることを確認することができます。

二度目に結婚するときは、以前の婚約や結婚とは異なる婚約指輪や結婚バンドを選んでみませんか? 多くのカップルは、彼らが別のリングの選択を二度目にするだろうと感じています。

あなたの好みもあなたの最後の結婚以来かなり進化している可能性があります。 あなたが5、10、30年前に好きだったものは、もはやそうではないかもしれません。 だから、あなたの新しいパートナーの有無にかかわらず、リングのために買い物をしているかどうか、あなたやあなたのカップルの反射である何かを選

作るべき最も重要な決定のいくつかは次のとおりです:

  • ダイヤモンドの形:婚約指輪のための普及した形は円形の切口、王女の切口、侯爵夫人、ナシ、クッションおよびエメラルドである。
  • ダイヤモンドの品質:正しい形状を決めたら、ダイヤモンドを選ぶときにカラットの重量、色、透明度、カットのすべての属性を調べることが重要です。 またアクセントのダイヤモンドがほしいと思うかどうか考慮することは重要である。
  • 設定:あなたは右の石を選択した後、それは完璧な設定とリングスタイルを選択する時間です。 ダイヤモンドリングのための共通の設定のいくつかは熊手の設定(複数の爪は石を所定の位置に握る)、張力設定(石は圧力によって所定の位置に握られる)、斜面の設定(石の端のまわりに金属の縁がある)、またはチャネルの設定(横のチャネルのダイヤモンドが付いている多くの小さいダイヤモンドのために典型的な使用される設定)である。

婚約指輪を購入するプロセスはストレスに見えるかもしれませんが、リングを購入することはエキサイティングなステップであることを心に留めておくことが重要です。

二度目の結婚のための婚約指輪を選ぶ

婚約指輪の費用はいくらですか?

もう一度、これは完全に個人的な決定です。 婚約指輪にどのくらい費やすべきかについての伝統的なガイドラインは、自分の給料の三ヶ月です。 多くの場合、彼らの第二の結婚を通過するカップルは、彼らが初めて従事になったときよりも古く、より財政的に安定している可能性があります。 しかし、いくつかのカップルは、それが第二または第三の結婚に来るときあまり贅沢であることを選ぶ。

婚約指輪の予算を決定する際には、現実的な財政を見てみることが重要です。 負債にあるか、またはあなたの財政の状態が不確実なら、より少なく高いリングはあなたのための最もよい選択であるかもしれない。

あなたが望む機能のいくつかを余裕があるために、そのような明快さ、色、カットやカラットの重量などのリングの特定の側面に妥協する必要があ あなたの石のための最もよい価格を得ていることを保障するために限られたmarkupsの評判が良いバイヤーから購入していることを確かめなさい。 適切な計画では、あなたの予算に関係なく、あなたのニーズに合わせてリングを見つけることが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。