シエラレオネ

シエラレオネの女性は、エボラ危機に対抗するための国際社会の努力に尽力し、内戦(1991年-2002年)後の国の再建の重要な部分であり続けている。 しかし、女性は家父長制社会の下で生活しており、政治、土地所有、法的自治から主に除外されており、夫婦間の強姦、早期結婚、女性器切除/切断(FGM/C)などの高レベルの差別と性的暴力に直面している。

女性が直面する障害の多くは、2014年から2015年のエボラ危機をきっかけに増加し、性的暴力だけで推定40%増加した(ヒューマニスト-ウォッチ-サローネ)。 女性グループは、危機が女性と少女に与えた特定の否定的な結果に対する意識を高め、対処するために、地方および地域レベルで提唱してきた。

NGOWGメンバーとそのパートナーの仕事に基づいて、NGOWGは、最近の国連ミッションの不在におけるシエラレオネの状況を監視し、評価するための安全保障理事会 UNIPSILのマンデートは、紛争の予防と解決における女性の役割を認識し、マンデートの実施にジェンダーの視点を含め、安全保障理事会は、そのような視点が国内政策に実施されることを引き続き提唱すべきである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。